2015年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/12/02(火) 13:55:37.62 ID:???.net
    労働時間の規制を取り払って企業の生産性を上げようというホワイトカラー・エグゼンプション(WE)。
    その強引な制度化は、かえって労働者のサービス残業を増やして「ブラック企業」をのさばらせるだけだ――。

     労働者の権利が失われかねない事態に当サイトも度々警告を発してきたが、働く者を“使い潰す”
    ブラック企業の手口は、国の有効な対策もないままに、より巧妙化している。

     11月28日に連合(日本労働組合連合会)が発表した『ブラック企業に関する調査』によれば、
    <長時間労働が当たり前><仕事に見合わない低賃金><有給休暇が取得できない>との理由から、
    勤務先がブラック企業だと感じている人が4人に1人いることが判明した。

     しかも、驚くべきことに、ブラック企業だと感じていながら、<誰にも相談したことがない>と答えた人が46.8%と
    半数近くいることが分かった。その理由はなぜか。

    『辞めたくても、辞められない』(廣済堂新書)の著書もある人事ジャーナリストの溝上憲文氏が語る。

    「本当に劣悪で耐え難い労働環境ならば、労働組合の相談窓口や、国の労働基準監督署、弁護士のところに
    駈け込めば未払いの残業代などを取り戻すことも可能です。でも、会社と争うことは『退職』も覚悟しなければ
    ならないと思い込み、たとえ理不尽でも我慢している人が多いのです。

     中には常識離れの仕事量を押し付けられているにもかかわらず、『就業時間内に終わらず残業になったのは
    自分の能力が足りないから』と過度な自己責任意識を抱き、心身ともにボロボロになるまで働き続ける人が
    依然多いのが実態なのです」(溝上氏)

     最近は企業側もブラック認定されることにビクビクしていることに加え、人手不足から人材を簡単に切り捨てられない
    事情もあり、“アメとムチ”を巧みに使い分ける傾向が強くなっているという。

    「もっとも多いのは、労働者に『辞めるのは悪だ』と思い込ませる“洗脳”です。退職届を出しても上司から
    『もう少し一緒に頑張ろう』『いま辞めたらせっかくのチャンスを逃すことになる』などと説得されるケースです。

     集団的心理の根強い日本の組織の中で、繰り返し説得されるうちに辞める行為に罪悪感を抱きはじめ、
    最終的には会社の言いなりになってしまうのです」(前出・溝上氏)

     脅して転職活動を妨害したり、執拗なパワハラや暴力で労働者を縛り付けたりすれば立派な犯罪で
    表面化もしやすいが、そうならないようにブラック企業側も策を講じているのである。


     柔軟な働き方が求められている今だからこそ、冷静に考えてみるべきだ。

    http://www.news-postseven.com/archives/20141202_290162.html

    【【ブラック企業】社員を辞めさせないための「洗脳行為」も横行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 11:10:00.20 ID:8RDUSnuw0.net
    サンデー毎日(2012/12/21)「ニューリッチ(高所得世帯)集中エリアはここだ!」(改訂版)
    【年収1500万以上の「世帯数」総合トップ10】
    1位、横浜市戸塚区品濃町 404
    2位、横浜市中区山手町  377
    3位、八王子市片倉町   316
    4位、大田区田園調布1丁目304
    5位、江戸川区清新町1丁目302
    6位、相模原市南区上鶴間 300
    7位、千葉市美浜区打瀬2丁目297
    8位、世田谷区北沢1丁目 284
    9位、三鷹市下連雀3丁目282
    10位、港区高輪2丁目  281

    【年収1500万以上の世帯数ランキングwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/17(金) 23:25:09.121 ID:otb0oTXF0.net
    保険払う金もなくなった・・・
    おまえら助けてくれ

    【年収が去年の半分以下になりそうなんだが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/01/15(木) 20:32:55.97 ID:???.net
    あなたの会社では、仕事の連絡にSNSを利用しているだろうか。

     MMD研究所の「ビジネスパーソンのコミュニケーションツールに関する調査」(2014年4月)によると、
    仕事に利用しているコミュニケーションツールは、LINEがトップ(「よく利用している」43.3%、「たまに利用している」18.1%)。
    次いでFacebook(同29.6%、22.3%)、Skype(同12.0%、17.8%)となった。

     さらに、仕事でLINEを利用しているビジネスパーソンに、仕事仲間や取引先の人とLINEで連絡することに対して
    どのように感じているか聞いたところ、「あまり仕事仲間・取引先の人とは使いたくない」が44.2%となり、「便利だと思う」(39.2%)
    を上回った。仕事用の連絡においてSNSは便利に使われている半面、本音では仕事で使いたくないユーザーも多いのだ。

     ソーシャルメディアコンサルタント志田なぎさ(略してSNS)の元には、様々な企業や社員からのSNSに関する問題が
    持ち込まれてくる。なぎさはSNSの導入やビジネス活用だけではなく、社内SNSの活用や、社員のSNSトラブルまで
    SNSとつくものなら一手に相談を引き受けている。本日なぎさの元に寄せられた相談とは―。

    Web制作会社B社は、LINEの業務利用に積極的だ。LINEグループを作って部署内のやり取りをしており、
    進捗状況を共有するなどの使い方も推奨されている。素早い連絡と意思疎通ができると、上司などからは好評だ。
    ところが、WebデザイナーであるB野はそうではないようだ。

     B野が疲弊するようになったのは、中途入社の新しい上司、WebディレクターのC藤が来てからだ。非常に熱心で
    仕事はできるのだが、やり過ぎのきらいがある。例えば帰宅後や休日でもおかまいなしにLINEで連絡してくるのだ。

     緊急の連絡以外でも、思いついたら「あの案件はこうしたらどうかな。B野はどう思う?」とアイデアを送ってくる。
    B野も上司のC藤から連絡が来たら返事をしないわけにはいかず、気付くと時間や場所を問わずに仕事をしていることが多い。

     「気が休まる暇がなくて疲れています。何とかならないでしょうか…」。B野は深いため息をついた。

    続きはソース元をご参照下さい
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/122400132/010900002/

    【どうする?休日の上司からのLINE業務連絡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/18(土) 10:50:57.888 ID:jM2zsfEz0.net
    月150万円の役員報酬→手取り100万、、、まったく残らん、、、なぜだ?

    【年収1800万円、まったく貯金できないんだが。。。】の続きを読む

    このページのトップヘ