カテゴリ:お金儲けの事 > 株・FX

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/09(月) 12:54:16.72 ID:chjBLx8n0.net
    まだ始めて1ヶ月ちょいなんだけど急に1週間で60万位儲かったんだが、これって本当に入金されるものなのか?

    誰か教えてくれ

    【興味本位で始めた副業が先週60万も入ったんだが…本当なのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/12/23(火) 04:08:15.49 0.net
    今日も4万円稼いだけど何も嬉しくない 4万増えたくらいじゃ何も感じない
    サラリーマンの給与だけのころは宝くじで1日1万増えただけで大喜びだったのに

    【副業で株や為替の取引をはじめて金銭感覚変になってきた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/12/23(火) 04:08:15.49 0.net
    今日も4万円稼いだけど何も嬉しくない 4万増えたくらいじゃ何も感じない
    サラリーマンの給与だけのころは宝くじで1日1万増えただけで大喜びだったのに

    【副業で株や為替の取引をはじめて金銭感覚変になってきた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: まとめないでね@鰹節山車 ★@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 16:55:48.48 ID:???0.net
    日経平均大引け 大幅続落 下げ幅500円超で3週ぶり1万7000円割れ
    http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXLAS3LTSEC1_06012015000000

    6日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に4日続落し、終値は前日比525円52銭(3.02%)安の1万6883円19銭となった。
    1万7000円割れは12月17日以来、約3週間ぶり。下げ幅は昨年2月4日(610円安)以来の大きさとなる。
    原油安に伴うエネルギー関連銘柄の業績懸念や、ギリシャのユーロ圏離脱観測が再燃に伴う欧州経済への警戒感から、
    前日の欧米株式相場が下げ、日本株市場でも石油開発関連銘柄をはじめ、ほぼ全面安の展開となった。
    東証1部の売買代金は概算で2兆5258億円(速報ベース)と、14年12月24日以来、約2週間ぶりに2兆円を超えた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    【【悲報】 日経平均 大幅続落 下げ幅500円超で3週ぶり1万7000円割れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ジーパン刑事 ★@\(^o^)/ 2014/12/15(月) 15:01:09.18 ID:???0.net
    [東京 15日 ロイター] - 衆院選に勝利した自民党、公明党の連立与党に「逆風」が吹いている。
    原油安が起点となり、株安・円高圧力が拡大。長期安定政権による成長戦略の推進には期待が高まっているが、
    「ご祝儀買い」とはいかず、世界的なリスクオフの流れに押されている。
    <7倍速の「つるべ落とし」>
    マーケット全体を揺るがしているのは、原油価格の急速な下落スピードだ。今年7月下旬に104ドル台だった米原油先物CLc1は、
    11月下旬までに74ドル台まで約4カ月で約28%下落したが、石油輸出国機構(OPEC)が
    11月27日の総会で減産を見送ると下落が加速。足元で56ドル台まで下落しており、
    半月余りの間に約24%の急落と単純計算で7倍近い速度での「つるべ落とし」となっている。
    原油価格の下落は資源輸出を主産業とする新興国にとってはマイナスだが、先進国にとっては、
    エネルギーや原材料コストの低減につながりプラスだ。エコノミストの間では、世界経済全体でみればコスト低減によるプラス面の方が大きいとの見方が大勢となっている。
    しかし、その下落スピードの速さゆえ、グローバル化した金融マーケットは動揺。原油価格だけでなく、
    石油掘削・生産会社の債券なども急落しており、そうした資産に投資していたヘッジファンドや投信などに損失が生じているもようだ。
    グローバル化したマーケットがどこでどうつながっているか見えにくいのはサブプライム問題で経験済みであり、
    「警戒感を強めた海外勢を中心に急速なリスクオンポジションの巻き戻しが進んでいる」(国内投信)という。
    実際、デフォルト(債務不履行)を補てんするクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドは、ロシアやベネズエラなど資源国で急拡大。
    米国ではエネルギー関連株だけでなく、米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)など国際優良株もヘッジファンドの
    原油安の損失をカバーする益出し売りの対象になっているとされ、前週12日の米ダウ.DJIは300ドルを超える大幅安となった。
    「中国経済は底堅いとはいえ減速方向だ。同国の需要減が新興国経済を下押すなかで、原油急落で資源国の経済が揺らげば、
    マーケットにも大きな影響が起きる。原油安は先進国にはプラスだが、新興国リスクは来年の大きな警戒要因になろう」とシティグループ証券のチーフエコノミスト、村嶋帰一氏は指摘する

    <成長戦略の推進を市場は期待>
    今回の衆院選では、自民党と公明党合わせて326議席と3分の2超を維持、与党圧勝といえる結果となった。
    しかし、投票率は52%台と過去最低、自民党の獲得議席数も事前予想の300に届かず沖縄では小選挙区で全敗と、いくつかの「ほころび」もみられた。
    長期安定政権を築く安倍晋三首相に市場が期待するのは、構造改革や成長戦略、
    いわゆるアベノミクス「第3の矢」の推進だ。前週、アジアの投資家を訪問してきた外資系証券エコノミストによると、
    人口減対策が日本にとって一番重要だとの認識が多かったという。
    しかし、「これから見送り法案の採決、来年度予算編成、集団的自衛権の国会審議とスケジュールは目白押しだ。
    成長戦略を議論する時間はあまりない。成長戦略の議論が後回しになれば、
    市場の失望を買うおそれもある」(ニッセイ基礎研究所チーフエコノミストの矢嶋康次氏)との警戒も出ている

    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0JT0BY20141215
    連立与党に株安の「逆風」、原油安起点のリスクオフ拡大

    【【悲報】日経平均一時300円安の急落 衆院選で自公勝利もご祝儀買いならず株安の逆風www】の続きを読む

    このページのトップヘ