このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/14 22:32:27
    3月13日、東日本大震災をきっかけに、日本の不動産業界は低迷し、昨年になって
    やっと回復の兆しを見せ始めた。特に、今年の4月から消費税が5%から8%に
    引き上げとなるため、昨年末から不動産の駆け込み需要が発生している。今年1月、
    日本のマンション販売量は昨年同期比6.1%増となったとの情報もある。記者は
    このほど、日本の新築マンションを取材し、営業マンの卓越した販売術に、新鮮味
    を感じることができた。環球時報が伝えた。

    images

    日本のマイホーム購入予定者はまず、インターネットで不動産会社が提供している
    不動産情報を収集する。不動産を宣伝しているサイトはどれも美しくデザインされ、
    不動産だけでなく、周辺の環境も一目瞭然だ。日本のマンションの営業マンは、
    まず不動産の内部構造や設備を重点的に紹介する。日本では、販売される時点で
    既に内装が完了しており、すぐに引っ越せる状態になっている。次にカギとなるのは
    不動産の立地条件。付近に学校や病院、スパー、図書館などがあるか、自然環境は
    どうかなどだ。また、駅からの距離など、交通の便も大きなポイントだ。筆者が
    不動産サイトで関連の情報を入力すると、不動産会社からすぐにマンションの資料が
    届いた。各不動産会社が製作、デザインしている広告や販売サイトはどれも魅力的だ。

    記者はサイト上で、建設中のマンションを見付け、電話でモデルルームの見学を予約した。
    日本の不動産会社の多くは水曜日が定休日で、サラリーマンが見学しやすいようにと
    週末は通常営業している。見学に訪れると、お茶を汲んでくれるなど、VIP待遇で迎えて
    くれる。部屋の構造や機能、価格以外に、宣伝用の7-8分の動画も見せてくれる。マン
    ションのメリットを中心に紹介する動画は専用の個室で放映され、内容は非常に凝って
    いる。動画を見終わると、次はモデルルームの見学。営業マンが部屋の間取りの良さや
    入居後の便利な点、さらにキッチンやバスルームに使われているのはどこのメーカーの
    新製品かなどを詳しく説明してくれる。日本ではマンションの営業マンになるために、
    まず宅地建物取引主任者資格試験に合格しなければならない。そのため、同業界では
    従業員の出入りがそれほど激しくなく、従事者の多くが30-40歳のさわやかな男性だ。

    中国と違い、日本は地震多発国であるため、マンションの営業マンは必ず、マンションの
    基礎の状況を説明してくれる。建設中のマンションであれば、営業マンが顧客を建設現場
    にまで連れて行ってくれる。また、初めてマンションを見学しにきた人に、不動産会社は
    1000-3000円の商品券をプレゼントする。金額は小さいが、これも「気持ち」の問題だ。

    中国では、一度モデルルームの見学に行くと、営業マンから何度も電話がかかり、煩わ
    しいと感じる人も多いが、記者が日本で見学した後は、見学後の感想を聞く電話が1度
    かかってくるだけだった。しかし、電話をかけないからといって、あきらめたというわけ
    ではない。不動会社からは毎週、「今月見学に来ると、お米や電器製品が当たる抽選に
    参加できます」や「3月末までにマンションの契約をした場合、30万円割引に加えて、
    クーラーをプレゼント」といった内容の広告が送られてきた。日本のマンション営業マン
    のこれらの営業方法は、中国の同業界にとっても参考の価値がある。

    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=84938
    元スレ
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394803947/
    【中国人にモノを売るの超簡単じゃねwww 不動産営業マンの販売術に中国人記者が絶賛!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@明日があるさ 2014/02/02 13:59:12
    さぁ、お書きなさい!

    ※前スレ
    http://www.logsoku.com/r/employee/1384671665/

    index

    【【もう限界】鬱手前の営業マン】の続きを読む

    このページのトップヘ